レベルスイッチ

タンク上取付型(LS-E)

直視式液面計(ガラス式およびマグネットフロート式)のトップメーカーである日本クリンゲージ(株)が、30年間の蓄積された技術を駆使したフロートレベルスィッチです。
既存のフロートレベルスイッチのすべてを知り尽し、その上でより合理的な思想に基づき設計されました。

キャプション
No. 項目 1 2(PVC)
1 比重 0.6以上 ————-
2 粘度 0.3Pa.S ————-
3 温度
(液温)
-10℃~+150℃ -10℃~+60℃
4 常用
圧力
1.0MPa 0.2MPa
5 耐圧 常用圧力 × 1.5倍 ————-
6 構造

防水密閉

————-
7 電線管
引込口
G1/2(PF1/2×2) ————-
8 スイッチ形式 リードスイッチ
SPST×3点まで
————-
9 接点
容量
AC140V 12VA
DC200V 10W
————-
10 スイッチ
動作
上昇 ON or OFF
下降 ON or OFF
————-
11 計器
取合
2Bフランジ以上
(JIS、ANSI、JPI 他)

3Bフランジ以上
(JIS、ANSI、JPI他)

※1.パイプ内のリードスイッチの設定位置を調整する事により警報点を自由に変えられます。
※ 2.警報点の最大が5点まで可能です。

特長

  1. 小形で合理的かつ堅牢な構造で高耐久である。
  2. 各接液部は、すべてSUS304以上を使用しており、耐食性にも優れている。 (SUS316、PVCその他特殊材も製作可能)
  3. 各スイッチ(リードスイッチ)は耐久性に優れており、長寿命である。
  4. 各スイッチ部はすべて隔壁により液体部とは完全にシールされている。
  5. 合理的な構造のため、保守、点検が容易である。
  6. 加圧タンク、高温タンクへの使用も可能である。

<用途>

石油精製・石油化学・化学プラント・産業プラント・精密化学・油脂プラント・水処理プラント・ボイラー関係等の各種プラントの各種タンクなどの警報制御および省力化に活用される。

<動作原理>

タンク内に挿入したパイプにリードスイッチを組み込み、その外側にドーナツ形のマグネットを内蔵したフロートが液位変化に対して上下し、警報設定した液位に達した時にリードスイッチを作動させる。

  形式 使用圧力 スイッチ種類 警報点 放熱フィン ガイドチャンバ 構造
LS- B ボールフロート 0.1~0.5MPa リードスイッチ 1点 有or無 0~4 防水密閉
E マグネットフロート
  • お見積り

コメントを残す